絵が仕事に!記事

イラスト有償依頼のやり方【まとめ/画像付き】

絵が仕事に!記事
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!フリーイラストレーターのうり200(@uri200uri)です!

有償依頼をやってみたいけど
何からしていいかわからない・・。

そんな有償依頼のやり方が全くわからない方に向けて、
30件以上の依頼経験をもとに詳しく今回解説していきます!

この記事で学べる事

①有償依頼の大まかな流れ

②依頼を受け付ける前に決めること

③初めての方にオススメな依頼の受付方法


でも、趣味の絵描きが依頼をもらうことができるのか、不安・・。


私も半年前までは、趣味の絵描きでした。
しかもTwitterフォロワー様も約50名!

ですが、先ほどもお話ししたように30件以上ご依頼の実績があります。

絵を描くアナタも有償依頼デビューができる気がしませんか?

この記事を読めば、デビューするための知識が丸っとわかります!
大きな第一歩を踏み出しましょう!

スポンサーリンク

大まかな流れ

人によってそれぞれですが、今回私の例で説明していきます。

①依頼者様からご依頼が入る

②ど依頼内容の詳細を確認

③内容に合わせたラフ画を提出

④修正依頼があれば修正し、OKがでれば清書

⑤完成品を提出し、依頼者様が納得いただければ取引完了

以上が大まかな流れです。

ラフ画はカラーラフや、線画のみのラフなどがあります。
線画ラフ→カラーラフ画の場合は③と④の工程を二回行います。

【カラーラフ参考例】

【ラフ参考例】

スポンサーリンク

やる前に決めておきたいこと


事前に詳細を決めておくことでトラブルを防げたり、
依頼者様側に自分はどんな依頼を受付ているかを知ってもらえます。

決めておきたいこと

・オリジナル/版権の指定

・修正回数【ラフ案○回まで/清書○回など】

・依頼実績として掲載の有無【実績掲載許可など】

・納期【ご依頼から〇日後納品】

・年齢制限作品の対応可否

【掲載の可否】

依頼実績として自分のサイトに投稿したい場合に必要です。

依頼者様によってはどこにも掲載してほしくない方もいるので、あらかじめ決めておくことをおススメします。

もし投稿する際も、無断転載されないように、「透かし文字」をいれて投稿しましょう。

【透かし文字例】
スポンサーリンク

デビューにピッタリなサイトまとめ

有償依頼の受付方法は沢山ありますが、その中でも初心者さんにオススメなサイトをご紹介します。

【初心者向けの理由】

・無料で登録できる

・金銭トラブルの不安がない

・依頼者・クリエイターともにユーザー数が多い

数ある沢山の中から選び抜きました!

この3つはほとんどの絵師さんが使っている有名サイト。

とりあえず、まずはこの3つに登録しておくことをおススメします。

ココナラ

・スキルフリーマーケットで有名【ユーザー数190万人!

・幅広いご依頼者様がいるので、沢山の人に依頼を見てもらいやすい

・専用アプリで、パソコンがなくてもスマホで簡単登録、連絡が可能

<br>

スマホでもご依頼者さんとやり取りできるって便利!

【関連記事】
初心者向け ココナラでイラストの依頼受付~納品までの流れ
ココナラでイラスト活動をする人に知ってほしい3つの事【初心者向け】

SUKIMA

・絵描き・物書きさん向けのスキルフリーマーケット

・お客さんが求めてるのがイラストの可能性も高い

スキルクエスト

・Twitterアカウントもあり、フォローすると「○○描いてくれる方募集!」という感じで、ツイートが流れてくる。

・コメントをすることで参加ができたり、手間があまりかからない

スポンサーリンク

最後に

この記事のまとめ

・有償依頼の流れをしっかり把握する

・必要事項を事前に決める

・紹介した初心者オススメの3つのサイトにクリエイター登録する


最後に注意点です!


一つのサイトだけに登録していると、
依頼をもらえる機会が格段に減ってしまいます。



ご依頼者様の中にはSUKIMAは登録してないが、ココナラは登録している。
という方に今まで何人も出会いました。

せっかく有償依頼デビューをしたのに
依頼が全くもらえないのは悲しいですよね?


ぜひ、3つに登録してアナタのイラストでお仕事を貰っていきましょう!

今回は、初心者さん向けにデビューしやすいサイトを挙げましたが、
他にも活動できるサイトは沢山あります。


気になる方は関連記事ものぞいてみましょう!

関連記事:イラストを仕事にできるサイトをまとめてみた!【7選】

コメント

タイトルとURLをコピーしました