絵が仕事に!記事

イラスト有償依頼のやり方【まとめ/画像付き】

絵が仕事に!記事
この記事は約4分で読めます。
スポンサーリンク

はじめまして!
フリーイラストレーターのうり200(@uri200uri)です。

この記事は
「有償依頼をやりたいが、方法がわからない」
という絵描きさん向けに書いています!

実際、自分が体験した経験をもとに

「依頼の流れ」
「やる前に決めておきたいこと」
「初心者向け有償依頼のもらう方法」


の3つに分けて説明していきます!


「趣味の絵描きが、有償依頼できるかな・・。」
私も絵を描くのは趣味程度でした。

ですが、ありがたいことに今は色んな場面でご依頼を頂けるようになってきています。

これから紹介することをすれば、有償依頼のやり方に不安を持たず、依頼を受付することができます!

スポンサーリンク

大まかな流れ

人によってそれぞれですが、今回私の例で説明していきます。

①依頼者様からご依頼が入る
②描いてほしいものなど依頼内容の詳細を確認
③内容に合わせたラフ画を提出
④修正依頼があれば修正し、OKがでれば清書
⑤完成品を提出し、依頼者様が納得いただければ取引完了

以上が大まかな流れです。

ラフ画はカラーラフや、線画のみのラフなどがあります。

線画ラフ→カラーラフ画の場合は③と④の工程を二回行います。

【カラーラフ参考例】

【ラフ参考例】

スポンサーリンク

やる前に決めておきたいこと

事前に詳細を決めておくことでトラブルを防げたり、依頼者様側に
自分はどんな依頼を受付ているかを知ってもらえます。

【決めておきたいこと】
・オリジナル/版権の指定
・修正回数【ラフ案○回まで/清書○回など】
・依頼実績として掲載の有無【実績掲載許可など】
・納期【ご依頼から〇日後納品】
・年齢制限作品の対応可否

以上5つになります。

補足説明すると
掲載の可否については、依頼実績として投稿したい場合に必要です。

依頼者様によってはどこにも掲載してほしくない方もいるので、
あらかじめ決めておくことをおススメします。

もし投稿する際も、無断転載されないように、
「透かし文字」をいれて投稿しましょう。

【透かし文字例】
スポンサーリンク

初心者向け有償依頼のやり方

有償依頼の受付方法は沢山ありますが、その中でも簡単で、
初心者でもしやすい方法をご紹介します。

【初心者向けの理由】
・無料で登録できる
・仲介者がいるので金銭トラブルの不安がない
・依頼者・クリエイターともにユーザー数が多い

ココナラ

・スキルフリーマーケットで有名
・イラストだけでなく、占いなど幅広いカテゴリがあるので
 沢山の人に依頼を見てもらいやすい
・アプリもあるので、スマホで簡単操作可能


ココナラに関しては、
【依頼受付~取引完了まで】の流れ
別記事で細かく説明しているのでより詳しく知りたい方は合わせて読んでみてください。

ココナラでまずは登録してみる!

SUKIMA

・絵描きさん・物書きさん向け
 のスキルフリーマーケット
・お客さんが求めてるのがイラストの可能性も高い

SUKIMAでまずはクリエイター登録してみる

スキルクエスト

・Twitterアカウントもあり、フォローすると「○○描いてくれる方募集!」という感じで、ツイートが流れてくる。
・コメントをすることで参加ができたり、
 手間があまりかからない。

スキルクエストにを見てみる!

以上が、オススメの方法でした!

気になれば登録だけして、いろんな絵描きさんがどんなふうに依頼の仕方をしているか勉強するのも良いと思います^^

スポンサーリンク

最後に

有償依頼のやり方は知識としては身についたと思います!

あとはアナタが行動するのみです。

最後まで読んでいただいたアナタだけに依頼受注の確立上げるコツをお伝えします。

その方法は3つの方法で依頼を受け付けることです

ココナラは登録してるけど、SUKIMAは利用していないご依頼者様もいます。

色んなサービスに登録して、沢山の依頼者様に見つけてもらいましょう

クリエイター登録が終わったら、初依頼をもらうまでにしたことをまとめた記事があるのでそちらもぜひ合わせてご覧ください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました