「努力=成功」とは限らない

努力をたくさんし続ければ、いつか必ず成功する。

そう思って、努力していると時間だけを浪費してしまう可能性があります。
なら努力をしなくていいのか?
それも違います。努力は「正しい努力」と「誤った努力」があります。

正しい努力を積み重ねれば、成功へと繋がるので、
ぜひ参考にしてください。

正しい努力をするために必要なステップは
①明確な目標があること
②その目標に対して自分に何が足りないのか問題点を分析すること
③その問題点に対して、どんな取り組みをすればいいかを学ぶこと

以上の3ステップで努力を行なっていけば、
確実に成功につながる正しい努力と言えます。
それでは、各ステップについて細かく説明していきます。

①明確な目標があること
人間は時間をかけて行なった作業に、大きく価値を見出します。
しかし第三者から見ると、そこまでの価値がないものだったりします。
明確な目標がなければ、時間を費やした分だけ成長できていると錯覚します。


例えば、マイナス10キロのダイエットをする!
という明確な目標があれば、
運動をして毎日体重計に乗り、自分の到達度がわかります。
ただひたすらに運動して満足していてはダメなのです。

②目標に対して自分に何が足りないのか問題点を分析する
明確な目標が決まれば、次はそのためにどうしたら良いのか、です。
先ほどの例をもとにすると、運動をしていても
暴飲暴食であったら、意味がないのです。
自分の今の生活を見直して、どこを改善しなくてはいけないかを
明確にする必要があります。

③問題点に対してどのような取り組みをすればいいかを学ぶ
自分の問題点がわかれば、後は効率よくそれを実践するのみです。
効率よく実践するには、色んな情報を手に入れ確実に解決できる方法を探します。
暴飲暴食で、食事制限をする。となった場合に、
どのくらいの食事制限をしたらいいのか、どのような食べ物を食べるべきか。
逆にどのような食べ物を食べないほうが良いのか。
このように情報を手に入れた上で、自分が実践可能な方法を見つけます。

このように、努力は時間をかければ良いものではありません。
しっかりとしたステップを踏んで、確実に成功に結びつく努力をしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました