画力アップ記事

【お悩み解決!】自分のイラストの得意分野や特徴を発見する方法!【ワークシート付】

画力アップ記事
この記事は約5分で読めます。
スポンサーリンク

自分のイラストの強みが知りたいけど、全く分からない・・。

他人に聞くのもいいけど、他に方法がないかなぁ・・?

大丈夫ニャ!今回はそんな君にピッタリな方法とワークシートを用意したニャ!

今回の記事はこんな方におすすめ

・自分のイラストの特徴(強み)を知りたい
・他人に自分のイラストだとわかってもらえるようになりたい
・得意分野を知って、依頼の時などのアピールポイントにしたい

こんにちは!うり200(@uri200uri)です!

フリーイラストレーターをしながら、イラスト上達法やお仕事の仕方をご紹介しています。

今回はアナタ自身では気づいていない、本当のアナタのイラストの特徴を見つけ出す方法を教えちゃいます。

記事の最後の方には、「特徴分析ワークシート」もありますので、お楽しみに!

スポンサーリンク

まずはじめに

方法を紹介する前に、一つ必ず覚えてほしい心構えがあります。

この心構えはこれからの方法を実践するのに、大前提必要なのでしっかり知っておいてください!

心構えはたった一つ。

自分が描ける =(イコール) 他人も描ける」ではない

どういうことかというと、

例えばアナタが女性キャラのイラストを描くのが得意だったとします。

「自分が描けるんだから、他人も描けるだろう。」という考えをしてほしくないという事です。

「男性は描けるけど、女性は描けない。」や「動物は描けるけど人間は描けない」という方は普通にいます。

なので、描けるものに自信をしっかりもっていくことが大事です!

描ける、という事実にしっかり自信もっていいんだニャ!
消極的になっちゃだめニャ!

スポンサーリンク

STEP1:まずは直感的で、見つけよう!

最初はあまり難しいことを考えずに、自分の感覚で見つけていきましょう。

ここで見つけたポイントから、より深く強みを発見していきます!

方法としてはとっても簡単。

過去作品を見直して、沢山描いている傾向があるものを見つけるだけです。

なぜ、この方法をするかというと、沢山描いているもの=自分が描きやすい(=得意な)ものだからです。

皆さんも経験したことがあると思いますが、描きやすいものは無意識に描きがちですよね?

一杯描いているものを探せばいいんだね!簡単!

スポンサーリンク

STEP2:見つけた得意分野をより細かく見ていこう!

STEP1でざっくり得意な部分が見えたところでこれから、より明確にしていきます!

大きく分けて3つのジャンルに焦点を当てて考えていきましょう。

・作品のジャンル

・絵の雰囲気・塗り方

・描く対象をより詳しく見てみる

どんなイラストをかいてるのか?

まずは、自分の作品はどんなジャンルかを明確にしましょう。

ジャンルをはっきりする目的は、相手の人に大まかなイメージを持ってもらうのに必要です。

なので、ここではあまりオリジナリティは出す必要はありません。

イラストと言っても、色んな種類があります。

漫画・モノクロイラスト・カラーイラスト・デジタルイラスト・アナログイラスト・・。

イラストお仕事を経験されてる方であれば、立ち絵・アイコンイラスト・LINEスタンプなどなど・・。

上げだしたら無限大。

でもイラストのジャンルって言われてもあんまりよくわからないよ・・!

そんな時の「特徴分析ワークシート」の登場だニャ!

特徴分析ワークシートを元に見つける

ワークシートの3枚目にはジャンル別がうまくできない方向けに、簡単な質問を4つワークシートに作りました。

それに回答をしていき、ジャンルを見つけてもOKです!

作品の雰囲気・塗り方も特徴の一つ!

雰囲気も特徴の一つです。

同じキャラを描いてもホラーな感じなったり、可愛くなったり、かっこよくなったり。

塗り方についてもカラーであれば「アニメ塗り」「水彩塗り」「コピック塗り」「厚塗り」。

モノクロでも「トーン使用」「ベタ塗りのみ」などにも分けれます。

自分が描いているものをより細かく見てみよう!

最後はキャラクタ―系を描く絵描きさん向け。

STEP1で自分が良く描くものを見つけ出してもらったと思います。

ただ、それだけだと特徴として物足りない部分があるのでより、細かく見つけていきましょう!

【私の場合】
STEP1: 女の子よく描く・ フリルよく描く 

これをより細かく分けていくと・・

女の子⇒笑顔が多い、髪が長い・髪の毛カラフル

フリル⇒フリルが多いドレス

と、こんな感じでより細かく分けていきます。

より細かく分けるコツは

・「どんな?」という疑問を投げかけていく【女の子⇒どんな?⇒髪が長い・笑顔】

でより具体的な特徴が出てくると思います!

スポンサーリンク

STEP3:集めた特徴をまとめて完成!

STEP1・2で大体色んな単語や、特徴・強みが見えてきたと思います。

自分で認識する範囲であれば、単語のままでいいのですが、依頼などの提案文の際にアピールするためには、文章にしなくてはいけません。

文章となると難しく感じられますが、これまでやってきたことをまとめるだけなので簡単です!

方法は

「STEP2で出てきた単語を ③⇒②⇒①で並べるだけです。」

単語の間に文としておかしくならないように、言葉を付け加えて完成です。

文章にできたら、相手に伝えやすくもなるね!

スポンサーリンク

ワークシートの最大活用方法!

いかがだったでしょうか?

今回は自分のイラストの特徴や強みを知る方法をご紹介しました。

【ポイント】

・自分が描ける = 「他人が描ける」ではないと知る

・沢山描いているものを見つけ出す

・ジャンルや塗り方・雰囲気の共通点を見つけ出す

・描いているものをより細かく具体的にしていく

この記事を読む前より、大分明確になったと思います!

より明確にしていきたい!という方は「ワークシート」を使って、実際描きこんでいくとより理解が深まります。

文字にすることで、頭で思い浮かべるよりより明確になるのでぜひ活用してみてください!

また、「ワークシートを記入したけど、あってるのかな・・?」と不安な方は、Twitterで記入済みのワークシートを添付していただければ、過去作品を見たうえでアドバイスさせて頂きます!

スポンサーリンク

ワークシートデータ

特徴分析ワークシート(A4×3)【PNG/PSD】」(PixivFanboxにて公開中)

コメント

タイトルとURLをコピーしました