オリジナリティのある擬人化イラストの描き方

「擬人化イラストを描きたいけど、どうやって描けば良いかわからない」

「実際描いてみたけど、モチーフからかけ離れてる感じがるする・・。」

擬人化イラストは、いろんなところで見かけるジャンルですが、
モチーフをもとに自分でキャラクターデザインをしなくてはいけないので、
少し難しいジャンルです。

今回はキャラクターデザインから完成まで
実際のイラスト付きで、ポイントを抑えていきます。

要点だけを見たい!!という方は
まとめだけを先に見て頂いて、
気になる所の詳細だけを見てもわかります。

モチーフ決め

まずは擬人化するモチーフを決めましょう!
この時のポイントとしては
好きなもの・身近なものから決めることです。

キャラクターデザインをこれからするにあたって、
モチーフのイメージを連想していかなくてはいけません。

全く知らないものだと、イメージが膨らまなくなるので
できるだけ、避けましょう。

今回は例として、「フリクションペン」を例にしていきたいと思います。
実際のモチーフにしたものがこれです

アイデアだし

モチーフが決まったら、
今度はキャラクターデザインに必要なアイデアを出しましょう。


例のモチーフから考えた私のアイデアは
青色→かっこいい
消せるペン→最先端
フォルムがスリム→細身
暑いとインク消える
寒いとインクが復活

ポイントは
少なくとも3つは出せれると、
キャラクターデザインがしやすくなります。


全てのアイデアを入れなくてもいいので、
思いつく限りをあげてみましょう。

キャラクターデザイン

アイデアが出たら、あとはキャラクターをイラストにしてみましょう。

キャラクターを描く時のポイントは

アイデア+実際のモチーフの一部分

を表現してあげると、よりわかりやすいと思います。

これが、私がモチーフから出したキャラクターです。
フリクションペンは、四色ボールペンでもあるので、
背中には4本の替え芯を描きました。

先ほどのアイデアから、
「細身・かっこいい・最先端」からデザインし、
装飾にモチーフの一部分を追加しました。

イラスト制作

キャラクターが決まれば、
至って普通のイラスト制作をするだけです。

これが完成図になります。

背景が寂しかったので、
字を付け加え、
「暑いと消える・寒いとインクが復活する」
から、背景を赤・青に塗りました。

そして、摩擦でインクが消えるということで、
白いラインで表現
をしました。

まとめ

最後におさらいでポイントをまとめます。

・モチーフは身近なもの・好きなもの
・アイデアは最低でも3つ
・キャラクターデザインは「アイデア+モチーフの一部」

以上三点のポイントを抑えて、

あなたらしい擬人化イラストを描いて
みんなの注目の的になりましょう!!


コメント

タイトルとURLをコピーしました