デジタルイラストのレイヤー効果まとめ解説【第一弾】

デジタルイラストをするにあたって、
「レイヤー効果」をうまく使うことでより魅力的な
イラストに仕上がります。

「だけどレイヤー効果の種類がありすぎて、よくわからない・・。」

「レイヤーによっての違いも全くわからない・・。」

確かにイラストソフトにもよりますが、
数多くの種類が存在します。

今回は「Procreate」に存在しているレイヤーすべてを
3回に分けて説明していきます!

今回は第一弾
「乗算」「比較(暗く)」「焼き込みカラー」「焼き込みリニア」
「カラー比較(暗)」「比較(明)」「スクリーン」「覆い焼きカラー」

の説明をしていきます!

「乗算」「比較(暗)」

上の図は
ベースレイヤー(左)+効果レイヤー=全体的な見え方の流れになります。

・乗算
一番レイヤー機能で多用されている効果の一つ。
ベースのレイヤーに、そのまま色を上乗せする効果です。
影をつけるときなどに多用されています。

・比較(暗)
ベースレイヤーと効果レイヤーを比較し、
暗い部分だけを全体に反映するものです。

「焼き込みカラー」「焼き込みリニア」

・焼き込みカラー
ベースレイヤーの暗い色の部分に、効果レイヤーの色味を表現する効果があります。
効果レイヤーの色も、ベース部分の明度に合わせて色がつけられます。
明暗がはっきりするので、コントラストをはっきりさせたい時に使える効果です。

・焼き込みリニア
「焼き込みカラー」の暗い部分以外にも色が反映される版です。
もっと簡単にいうと「乗算」のコントラスト強くしたバージョンです。
乗算より影が濃いので、暗い場所での、影の表現なども表現できます。

「カラー比較(暗)」「比較(明)」

・カラー比較(暗)
比較(暗)と類似している効果です。
「比較(暗)」は二つの色を足して暗い色を自動生成しますが、
「カラー比較(暗)」はレイヤーのそのままの色を表現します。
なので、今回は効果レイヤーの色が、ベース色より暗ければ、
表示されるようになっています。

・比較(明)
ベースと効果レイヤーを比較して、明るい色を優先的に表現するものです。
明るい色が表現できるので、光の表現などにも向いています。

「スクリーン」「覆い焼きカラー」

・スクリーン
効果レイヤーに乗せた色を明度を上げて、ベースの色に乗せます。
イラスト全体が暗かったりした時に、色味を載せつつトーンアップ
させることが可能です。

・覆い焼きカラー
スクリーンの光の明るさを強くした版になります。
強く光が当たっている表現をしたいときなどに効果的です。


【登録無料】「得意」を生かして副業しませんか?ココナラ





以上が8種類のレイヤー効果説明になります。
全てを使ってイラスト制作することは難しいので、
いろんなレイヤー効果を試してみて、
自分の気に入ったレイヤー効果を使って、
イラストの完成度をぐっと上げてみてください!


コメント

タイトルとURLをコピーしました