動きのあるイラストを描く方法を伝授!

イラストを描こうと思って、


走っているイラストが描きたい!躍動感のあるイラストを描きたい!

そう思っていざ描くと、
軟体動物みたいなイラストが出来上がって困っているあなた!

今からご紹介する方法を実践して、
より自分が思い描いたままのイラストを描いてください。

ただ、一つ注意があります。
それは、これからお伝えする方法は継続をしないと効果を発揮しません。

あなたが初めて描いた絵はスタートからそのクオリティでしたか?
そうなのです、何事も積み重ねなくては、成長しないんです。

だから、継続をしてこその成果が確実なあなたの力になるんです。

それでも、一回で上手になりたい!という方は、
今回の方法は少し合わないかもしれません!

「私はコツコツ地道に力をつけていく!」という方はぜひご覧ください!


その方法とは・・・・
裸の人間をひたすら模写する事です!!!


「裸の人間??知り合いに脱いでもらえということか!」
大丈夫です!あなたをそんな変質者にはさせません!笑
どんな意味なのか、具体的に方法をお伝えしていきますね!

Posemaniacs.com - 絵の練習用ポーズモデル

まずは、「POSEMANIACS」の絵の練習サイトを開きます。

簡単にサイトの説明をしますと、
理科室とかにある人体模型を想像してください。
その模型が様々な角度・様々なポーズをしている画像がたくさんあるサイトです。

しかもこのサイトの素晴らしいところは、画像が豊富にあるだけでなく、
自分が指定した秒数(6種類から選択可能)で、画像が変わっていくシステムもあります。

私の言った裸の人間とはこの人体模型を模写するということです。

そして、模写するときにもただ模写しても良いのですが、
効率よく成長していくポイントがあります。

それは最初は一体60秒で、慣れてきたら一体30秒で模写するということです。

なぜ時間を区切るかというと、
時間が制限されていると、人間の脳はフル回転をして
できるだけ必要な線だけを描き、全体を捉えようとするからです。


しかも、時間をくぎれば長くても1分なので、
寝る前の5分とかの空き時間で、ペンを紙があればできるので
より継続して気軽にできるからオススメです。

いかがだったでしょうか?
今からでも初められそうな練習方法ですよね。
だんだん描いていけば、無意識に体の仕組みが頭でわかっていくと思います。

下は私が実際練習していた時の絵です。
もう向きとか、大きさとかバラバラです。笑
それで全然大丈夫なんですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました