グリザイユ画法での描き方【procreate/初心者版】

こんにちは!今回はグリザイユ画法について、
Procreateのイラストソフトを使って、今すぐできる初心者バージョン
説明していきたいと思います!
今回は下のイラストを例にして説明していきます。

①線画を用意する

まずは線画を用意します。
今回は線を太めに描いております。

②白黒で陰影をつける

次に別レイヤーにて、
色を関係なく、影だけをつけていきます。


この時に「どこから光が当たっているか」を意識して描くと、
立体感が出て、イラストに重みが出ます。


影をつける際は、通常ですと控えめに影を入れてしまいがちです。
思い切って、影だと思うところには、
しっかりメリハリの陰影をつけていくことをお勧めします!

この陰影でイラストの出来具合が決まりますので、
できる限りモノクロで完成だー!と思うところまで、塗り込んでください!

③ベースの色を乗せていく

しっかりと陰影をつけられたら、最後の仕上げ工程です。


線画レイヤー・陰影レイヤーとは別に、また新しくレイヤーを作ります。
そして新しく作ったレイヤーを「オーバーレイ」に設定をします。
次にベースとなる色をベタ塗りのように、塗っていきます。


全部塗り終わった後に、影が足りないところや、暗すぎるところなどがあれば
陰影レイヤーで微調整を繰り返していきます。

最後に

グリザイユ画法はデジタルイラストでよくある手法となります。
しかしこの記事で説明したように、陰影をつけ終わるまで色がわからないので、
思ったような色が出ないことがあります。
その場合の解決方法を少し説明して終わりたいと思います。

思ったような色が出ない時の対処法
・不透明度を下げる
・色相・彩度・明るさを調整する
・着色したカラーを変更してみる

一度上記を試してみてください!
必ず最初の色合いより、思った色合いに近づけることができると思います。

どうでしたでしょうか?
グリザイユ画法は陰影をつけるのがベースになります。
なので、陰影の知識・テクニックが必要になり、
最初から慣れるのは難しいと思います。


だけれど、諦めず陰影を意識しながら描くだけで、
一枚ごとに成長していきますので、諦めずに頑張って、
グリザイユマスターを目指してください^^

<img border=”0″ width=”1″ height=”1″ src=”https://www10.a8.net/0.gif?a8mat=3BI2FN+3I7XSQ+2PEO+1HQL29″ alt=””>

コメント

タイトルとURLをコピーしました