他人のイラストに嫉妬してしまう事から解放される方法

最近はインターネットが普及して、遠く離れた絵描きさんのイラストも
見れる時代になりました。
それと同時に自分のイラストと他人のイラストを比較する機会も多くなっています。

いろんなSNSで「〇〇さんは私より若いのに上手・・。」や
「〇〇さんより早く始めたSNSだけど、〇〇さんの方が人気ある」
など嫉妬をしてしまって自信をなくして悩んでる方も多いです。

自信をなくしてしまうと、イラストを描いていても「どうせ・・」という気持ちが芽生え
本気で描けなくなり、上達速度を落としてしまいます



ではどうすれば良いのか、その解決方法は

嫉妬の理由を知る

です!

嫉妬の理由を探る

嫉妬は完全に悪いものではありません。
むしろ自分の嫉妬の向き合い方によっては武器にもなります。
嫉妬はイラスト成長促進剤に変わるのです。

ではどうすれば良いのか、まずは嫉妬したことに素直に認めることです。
人間は自分に不利益があると防衛してしまう本能があるので、
少し嫌な気持ちが芽生えたら、それをしっかり受け止めましょう。

次にしっかり嫉妬を認められたら、「なぜ嫉妬をしたのか」を探っていきましょう。
例で言うと「いいねの数が多い」「フォロワーが多い」などです。
思いつく限りがあげれたらそこから、より掘り下げていきましょう。
「いいねの数が多い」であれば「自分よりイラストが上手い」→「背景がしっかり書き込まれている」
「フォロワーが多い」であれば、「毎日イラストをあげてる」などなど
要因を突き止めていきましょう。

嫉妬した原因をできるだけ細かく突き止めることができたら、
あとは自分がそうなるためには、何をしたらいいかを考えましょう。
「背景が苦手」であれば背景練習をするや、
「更新頻度が少ない」であれば2日に一回更新するなど、
自分のできる範囲の行動で変化させていきましょう。

そうすることによって、嫉妬から自分の足りないものを知ることができ、
そこから成長するための目標が立てることができます。

いかがだったでしょうか。
嫉妬はプラスになるものと考えれば、悩む必要もありません。
イラストはすぐ結果が出るものでもないのでしっかり自分を信じましょう。
また、自分の足りない部分を無視するのでなく向かい合うことも大切です


今回の嫉妬の向き合い方は、参考にした本があります。
イラスト関係の本ではありませんが、
私生活にもイラスト生活にも応用できる自分に自信が持てる本になるので
気になる方は一度読んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました