他人のイラストと比較して、落ち込んでしまうあなたへ

いきなりですが他人と比較して意欲を失ってしまうことはありませんか?

最近はネットを通じて色んな人のイラストを見れるようになりました。
それと同時に他人と比較する機会も多くなりました。

他人と比較して、自分に自信が持てなくなっていませんか?
今回はそんなアナタに少しでも気持ちが楽になれるような内容です。

自己嫌悪に陥ってしまったときの
一番簡単な解決方法は、過去の自分と比較することです。

詳しくはこれから説明していきたいと思います。

他人と比較することは全てが悪いことではない

解決方法を説明する前に、他人と比較することについても
ご説明してきたいと思います。
他人と比較し、自己嫌悪に陥ってしまうからと言って、
比較することが全てが悪いわけではありません。

他人と比較し、そこから芽生える「嫉妬の感情」はとても自分を知ることに重要です。
嫉妬の感情とどう向き合えば、自分を知ることができるのかは、
別の記事にてお伝えしていますので、
そちらをぜひ気になる方は、読んでみてください!

他人と比較せず過去の自分と比較するということ

先ほどは他人との比較が自分の成長に繋がると言いました。
しかし、自分の成長に繋がらない時もあります。

それは他人と比較してモチベーションが下がる時です。

どういうことかというと、
「〇〇さんは同い年(若い)のに絵がうまい」
「〇〇さんより自分先に始めたのに人気が出ない・・。」
と思い始め、
「どうせ自分なんか・・。」
そんな風に思い、絵を描くことが苦痛になってしまうことです。

多くの方は、このような悩みを抱えているのではないでしょうか。
そんな時は、冒頭でも言ったように「過去の自分」と比較することをお勧めします。

理由としては、他人と比較しても作業時間や作業環境が違ったりで
アナタとは同じ環境ではありません。
そんな他人と比較するよりも、同じ環境にある過去の自分と比較し、
自分が成長できているかをしっかり見つめ直すことが大事だからです。

「過去の自分」と比較して、上手くなっていると思えば
自分はちゃんと一歩ずつ成長している証になり、自信がつきます。
逆に「過去の自分」より下手になっているのであれば、
なぜ下手になったのかを追求したり、過去と今でしてきたことの違いを探し出すのも良いでしょう。

過去の自分は、今の自分を作る存在なので学ぶことは多くあります。
そこから学ぶことによって、より多くの成長が得られます。

まとめ

最後に今回お話しした内容と、前回の嫉妬についての内容を合わせ、
オススメな「他人と比較の向き合い方」をお伝えします。

①他人と比較をする
↓
②無意識のうちに「嫉妬心」か「自己嫌悪」が芽生える。
↓
③嫉妬しまった場合は、嫉妬の正しい向き合い方をする。
 自己嫌悪をしてしまった場合は、過去の自分と比較する。
↓
④自分のすべきことを見つけだす
↓
⑤全力ですべきことを行う


すべきことを全力でやることによって、
他人と比較する時間が自然に減り、なおかつ自分の成長につながります。





コメント

タイトルとURLをコピーしました