美大卒の妹と独学な私【イラスト編】

今回は多くの皆さんが気になっている
「独学でもイラストで生きていけるのか・・・」
の悩みを解決していきます!

美大卒の妹 VS 独学の私

の観点から、色々な真実を話していきたいと思います!
実体験を元にしてるのでとてもリアルに
お伝えできると思います。笑
まずは、両者の簡単な説明します。

美大卒の妹
・高校中退後美術塾に入る→美大入学→現在派遣社員
・Twitterアカウントフォロワー1000人ぐらいいる(らしい)
 アカウント名は聞き出せません笑

独学な私
・高卒→外国語系大学入学→正社員→退職後フリーイラストレーター
・Twitterアカウントフォロワー99人(あと一人!笑/2020年8月)

大まかな生い立ちと、数字の方がわかりやすいと思い、
Twitterフォロワー記載をしました。

さて、「美大卒VS 独学」の勝敗ですが、

トータルで独学が負けましたね!!!

「やっぱり、独学は無理じゃないか・・・」と諦めの気持ちを思った人!
待ってください。無理じゃないんです!
今からお伝えすることを見てから、一度考え直してください!


独学の私が負けた理由は

イラスト技術の差=圧倒的な練習時間と練習量です。

そして、一つだけ美大卒の妹に勝ちました!
それは

イラストで稼げたことです。

これから細かく負けた理由と勝った理由を説明しますね!

負けた理由


みなさんは、美大に入ったら絶対イラストが上手くなるはず!
そう思っていませんか?
入っただけでは上手くならないんです。
丸一日イラストや、絵を描き続けるんです。
課題も、絵を書くことです。
実際妹は夏休みでも制作・授業も英語などの必須科目はあるが
ほぼ制作や絵に関する座学ばかり。
仮に大学生活4年間毎日9時間、絵を練習しているとしましょう。

365日✖︎9時間=3285時間(1年)
3285時間✖︎4年=13140時間(4年)


一方で独学の私は
基本夜に3時間ほどイラストを描くだけなので

365日✖︎3時間=1095時間
1095時間✖︎4年=4380時間


独学の方は、もっと勉強されている方も
沢山いらっしゃると思いますが、
多分毎日9時間の時間確保は難しいと思います。

この時間から分かるように
独学と美大卒では練習量が圧倒的に違うんです。

これが美大卒と独学の勝敗を分けた要因です。

美大卒というだけで、あなたは負けた気持ちになっていませんか?
私は美大卒の妹のことを

無茶苦茶絵を練習した、同じ人間

と思っています。
そう思うことによって、まだ私は
「妹の練習量に足りてないな」
と思いながら、日々練習に励んでいます。

諦めるのは、とっても簡単です。
だけれど、練習すればしっかり一歩ずつ近づいています。


効率よくイラストを上達させる方法も
記事にしていますので
ぜひ参考にして見てください。

勝った理由

なぜ私がイラストで稼げたか、その理由は

自分で営業をしたからです

美大卒の妹はイラストスキルはすごくても自分のイラストを
趣味で公開しているだけでした。

だけれど、私はスキルで負けていながらも、
自分でイラストを売りに営業マンみたいに活動しました!

その結果、少額ながらも稼ぐことができたのです。

「イラストの営業の仕方がわからないよ・・・」
そんな方もいらっしゃるので、
私も使用しているツールをご紹介します!
無料登録ができるのでぜひ、参考にして実践してみてください!

そんな感じで、美大卒の妹と独学な私の戦いは
これからも続きます!

みなさんも自分を信じて戦い続けましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました