→イラスト

InstagramとTwitterの違い【イラストアカウント目線】

InstagramとTwitter
この記事は約3分で読めます。
スポンサーリンク

色んな人に自分のイラストを見て欲しくてSNSにアップするのが
主流になってきていますね!

イラストアカウントとしてよく使われるのが
Instagram と Twitter です。
一度は名前を聞いたことがありますよね。

「何がどんなふうに違うの?」

ずばり、ざっくりいうと
Instagramは100%イラストメイン
Twitterは文字とイラストメイン

です。

「え?どっちもイラストメインじゃん。
 結局どっちを使ったほうがいいの?
 両方を使っていくべきなの?」

そんな疑問も出てくると思うので、
今回自分が実際に両方使って、
それぞれの特徴を細かく上げつつ、
どんな人に向いているかをお伝えしていきます!

スポンサーリンク

Instagram

特徴

・画像メイン
冒頭にもお伝えしたように、画像がメインのSNSとなります。
アカウントを開くと、その人が今までに投稿した画像が
文字などはなく画像のみで一目で見れます。
Twitterだと「メディア欄」から見たりしなくてはいけないので、
イラストアカウントとしては、これはありがたい表示方法ですね。

・ハッシュタグ多用が可能
Twitterにもある「ハッシュタグ」機能ですが、
TwitterよりもInstagramは文字制限がないので、
沢山のハッシュタグをつけて色んな人に見てもらうことができます。

・海外の方とも繋がれる
Instagramは海外ユーザーも多くいるので、
たとえ言葉が分からなくても、イラストを見て「いいね」をもらえたり、
逆に海外ユーザーのイラストを見ることも簡単です。

どんな人向けか

Instagramは何度も言うように画像がメインになるので、
自分のイラストだけを見て欲しい!と言う人や、
タイトルつけたりするのが面倒・・。と言う人にはいいと思います。

あとは色んなイラストアカウントを見ると、
途中経過の画像は投稿せず、完成イラストのみを投稿している方が
多く見られます。

完成品を沢山投稿して、自分らしい画風を知ってもらうには
一目で投稿イラストが見られるInstagramはオススメです。

スポンサーリンク

Twitter

特徴

・文とイラストで伝えることができる
Twitterは画像プラス文が打てるので、
「目の部分を頑張って描きました!」
と言う言葉を添えておくと、その投稿を見た人が
気になってイラストを見てくれます。

また文章のみでも、アナタの悩みや思ったことを投稿するだけでも、
「この人はこんな人なんだ。」と覚えてもらえ、
そこから仲良くなって、沢山イラストを見てもらえるようになります。


・拡散されやすい
Instagramほどハッシュタグはつけることはできませんが、
Twitterはハッシュタグ以外にもリツイートなどで
拡散をしてもらうことができるので、自分と繋がっていない方にも
自分のイラストを見てもらえる確率が上がります。

・画像が縮小で出てしまう
Twitterだとイラストを投稿しても、一目で画像全体を見れるようになっていません。
見せたい部分が途中で途切れてしまっていて、画像をクリックしてもらわないと
全体が見てもらえなかったりする難点があります。

Twitterは使ってみた感想は別の記事で上げているので
合わせて参考にしてみてください。

どんな人向けか

Twitterは手軽に色んな人に見てもらえるので、
イラストをSNSに投稿することに慣れていない人や、
気軽に投稿をしたい人には良いと思います。

Instagramはですと完成イラストしか上げない人が多いですが、
Twitterだと、途中経過を投稿したりして自分のモチベーションを上げる方法もあります。

スポンサーリンク

両方絶対使うべきなのか?

絶対とは言わないですが、私は両方使うことをお勧めします。
理由は

・自分のイラストを発信する場所が増える
・色んなイラストを見ることができ、色んな人と繋がれる
・無料なので登録して損はない


発信する場所が増える・色んなイラストが見れる
この二つはイラストスキルを向上させるきっかけになると思っています。

ぜひこの機会に、どちらかのみをやっている方は
両方にチャレンジして見てください!



無料登録をして、あなたもフリーイラストレーターの第一歩を踏み出そう!



コメント