画力アップ記事

「一日一絵」で成長するのか。実際やってみた。【解説付き】

画力アップ記事
この記事は約6分で読めます。
スポンサーリンク

こんにちは!

「一日一絵」を半年以上今でも継続しているうり200(@uri200uri)です!

「一日一絵」って本当に上達するの・・?
時間の無駄じゃない・・?


そんな一日一絵を今から始める人、続けるか悩んでいる人向けてお力になれる記事です

まず結論

一日一絵は必ず上達します!

自分で言うのも恥ずかしいですが、半年続けてみて成長した実感はあります。

これは私が8ヶ月での成長記録になります。

今回はなぜ成長するかの理由を3つに分けて説明していきたいと思います。

一日一絵で上達する理由

①継続することで学べることが多いから

②苦手分野を知れるから

③描くのに慣れるから


この3つの理由があるので絶対上達します。

それでは詳しく理由を説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

継続して初めて気づける事が沢山!

毎日描くことでしか学べないことが沢山あります。

学べる事

・自分の絵柄がわかる

・何度も描いていくうちに書きやすい方法を発見できる


自分の絵柄が分かれば、それを積極的に伸ばせば成長します。
また、描きやすい方法を見つけることで、よりしっかり絵柄も確立できる。


イラストをみて「アナタの作品」と気づいてもらうと嬉しいですよね?


アナタにしか描けないイラストができれば、最強です!


この二つは継続して描かないと学べません。一回描いただけじゃわからないので一日一絵を継続した人のみが学べる事なんです。

関連記事:イラスト練習を本気で継続させる心得と方法

スポンサーリンク

苦手分野は伸びしろしかない!

毎日描き続けると無意識のうちにポーズ・描く部分が偏っていくことが多いです。

それは自然な事なので、気にすることはありません。人間は無意識的に苦手な部分を描かないようになってるんですよ。

数枚描いた後に自分の絵を見返してみればアナタもきっと「なるほど!」となります。

そして、あまり描かれていない部分はアナタの苦手なポイントです。

ここでポイントなのは苦手分野があるから落ち込む必要はないということです。

むしろ、苦手分野を知れたことに喜びましょう!

なぜなら、苦手分野はスタートがマイナスなので、少し練習をすればすぐにプラスになる伸びしろしかないからです!

苦手分野が分かれば、意識的に一日一絵に取り入れていけば成長速度は倍増です!

スポンサーリンク

描くスピードアップ!

毎日描くことにより、意識をして描いていたものが感覚で描けるようになっていきます。

感覚で描けるようになると何が良いのか。

それは考える時間がなくなるのでその分早く描けるようになり、時間に余裕ができます。

時間に余裕ができるようになれば、よりイラストに描きこみをすることもできるし、ご依頼の際にスピーディに対応ができます。

時間の余裕は、心の余裕!

心の余裕は、アイデアの宝庫!


と私は思っているので、制作時間の短縮はとても大事ですね。

制作時間に関連する記事:イラスト制作に時間がかかり過ぎる理由と解消方法

スポンサーリンク

最後に

いかがだったでしょうか?

一日一絵は、ぜひ継続して続けていくことをおススメします!

私も絶賛継続中なので一緒に頑張りましょう!

「継続するのが苦手・・。」

という人は、こちらの本がおススメです!



コメント

タイトルとURLをコピーしました